Ransome
Mirror Shielding
File

NeuShield 製品・サービス概要

ランサムウェアとの戦いは、終わりました

多くの企業が多額のセキュリティコストをかけているにも関わらず、サイバー攻撃の被害は増える一方です。特にランサムウェアによる被害は甚大で、ランサムウェアによる攻撃から復旧させるための費用は巨額化する一方です。ランサムウェアによる被害を緩和するためには、バックアップが有効とされていますが、そのためには人手も時間もストレージコストもかかり、データを復旧させるためにも多くの時間と手間を費やさなければなりません。また、バックアップの管理や運用も煩雑になりがちで、これらはIT部門の負担を増やし、セキュリティコストの増加にも繋がります。

NeuShield Data Sentinel

NeuShield Package

NeuShield Data Sentinelは、ランサムウェア攻撃を検知してブロックするためだけのソリューションではありません。Data SentinelのMirror Shielding™技術は、重要なファイルを保護し、影響を受けたデータを即座に復元できます。Mirror Shielding™は、ランサムウェアの攻撃によって損傷したデータを、バックアップに頼らずに復元できる唯一のテクノロジーなのです。

Mirror Shielding™

Mirror Shielding™は、保護すべきファイルに追加の保護レイヤーを設定して、ファイルの変更を記録し、何かあった場合には即座に元に戻すことができるようにする、特許取得済みの技術です。攻撃者からはオリジナルのファイルにアクセスしているように見えますが、実際にはミラー(投影)されたイメージにアクセスしているに過ぎません。

One-Click Restore

ワンクリックでオペレーティングシステムのファイルと設定を正常な状態に復元することができ、ランサムウェアの攻撃を受けた場合にコンピュータへのアクセスを迅速に回復できます。One-Click Restoreでは、既知のマルウェアと未知のマルウェアの両方が削除されます。

Boot Protection

攻撃的なタイプのランサムウェアがブートプロセスを乗っ取り、アプリケーションがブートレコードに書き込むのを防ぐためにドライブのブート部分を保護します。

Data Engrams™

Mirror Shielding™は、変更されたデータのコピーをさまざまな時点で作成します。Data Engrams™はファイルの改変履歴のように機能し、ファイルを以前のバージョンに復旧します。

Disk Protection

悪意のあるプログラムがハードドライブまたはSSD上のデータを破壊するのを防ぐために、直接のディスクアクセスをすべて監視します。ディスクを消去しようとする破壊的なランサムウェアやワイパーから保護します。

Cloud Drive Protection

ローカルのクラウドドライブフォルダを保護し、破壊されまたは破損したデータをインターネットに接続せずに迅速に復元できます。OneDrive、Googleドライブ、DropBox、Box.comなどの一般的なソリューションをサポートします。

File Lockdown

Fully UnDetectable(FUD:まったく検知できない)ランサムウェアからの攻撃を受けている間、保護されたファイルへの書き込みを一時的にブロックしてファイルを守ります。


パフォーマンスへの影響はありません

クライアントエンジンは非常に小さく、メモリ使用量は10MB未満です。CPUまたはディスクアクセス(IOPS)のオーバーヘッドがほとんど無く、重要なファイルについて決定を下します。




システム要件

オペレーティングシステム

プロセッサ

メモリ

ディスク容量

ディスプレイ

*1 サーバーで実行するためには、特別なライセンスキーが必要です。Windows Serverライセンスについては、お問い合わせください。
*2 必要な容量は、変更されるファイルの数に応じてシステムごとに異なります。通常NeuShieldは、保護するデータの約10%の追加のディスク領域を使用します。たとえば100MBのデータを保護する場合、必要なディスク容量は約10MBです。