Swivel Tokenless Onetime Password
Global Relay Forrester Wave Leader

当社のマネージメントチームは日本のIT業界に長年従事し、経験豊富なメンバーで構成しており、ニューノーマル時代に相応しいテレワーク・ソリューション:トークンレス・ワンタイムパスワード等を取り扱っています。


Security Strings 取扱い製品

Swivel Logo 【Swivel Secure】
使いやすさとセキュリティを両立したトークンレス/二要素認証ソリューション

使いやすさとセキュリティを両立したPINsafeテクノロジーを核とし、リスクベース認証/SSO(シングル・サインオン)やソフトウェアトークンによる認証にも対応。クラウド・オンプレミスなど、柔軟な導入方法に対応した国内外導入事例が豊富な英国Swivel Secure社のトークンレス/二要素認証ソリューション。
Global Relay Logo 【Global Relay】
メールからチャットまで全てのビジネスメッセージをアーカイブ

Global Relayメッセージサービスは、企業内を行き交う全ての電子メッセージをアーカイブし、コンプライアンス、eDiscovery、監査のための証拠能力のある記録を残すと共に、高速で高機能な検索によりエンドユーザの利便性を向上させ、同時にストレージ容量の劇的な削減を実現します。世界90カ国以上、23,000社以上で導入、世界のTop25銀行中、22行が導入。日本国内でも多数導入実績があります。

 2020年のサイバーセキュリティの脅威は、新型コロナウイルスの世界的な流行による混乱の中でも衰えることは無く、コロナ禍に便乗する様々な攻撃も数多く発生したことは記憶にも新しいところです。そんな中、多くの企業や組織では在宅勤務を中心としたテレワーク/リモートワーク/在宅勤務が今年も継続され、まさにニューノーマル時代が始まろうとしています。
 安全性の低いホームネットワーク、BYOD、サイロ化された運用により企業ネットワーク上でこれまで見えていた脅威がホームネットワーク上では隠れた脅威になることが予想されます。さらに多くの従業員が様々な場所から常に情報にアクセスする機会が増え、それに伴いデータの漏洩/流出が増加する可能性もあります。ビジネスでは情報保護、データアクセスを適切に制限するよりデータ利用できるようにすることが優先される場合が多く、つまりこれは犯罪者がデータベースにアクセスし、データを盗む機会が増えることを意味します。 テレワーク/リモートワーク/在宅勤務が定着していく中で、企業は新しい働き方へ急に切り替えたことで、これまで手つかずとなっていた技術的な不備に取り組まなければならなくなり、これは大幅なアーキテクチャーの変更を示唆します。場合によって企業はその間、無防備な状態に晒されたままになる可能性があり、Cloud利用が加速し、ゼロトラストなどのインテリジェントで動的なセキュリティアーキテクチャーの導入が拡大することと思われます。
 2020年9月の弊社メルマガコラム(https://www.securitystrings.com/resource/mailmag/mailmag20200908.html)でも特集したゼロトラストモデルは、全てのネットワークを危険とみなし、利用者が社内ネットワークにいてもリソースやアプリケーション利用の可否をアクセスする度に厳しくチェックします。守る対象をネットワーク境界から、リソースやアプリケーション、端末に変更します。ゼロトラストが実現した環境では、ビジネスマンは、いつでも、どこでも、仕事をしたい時に出来て、仕事に必要な情報は、どこからでもアクセスできる。不用意に機密情報の入ったノートPCを持ち運ぶこともなく、ノートPC/タブレットを開けば、既にそこは仕事空間となります。ゼロトラストモデルは、まさに働き方の多様性を支える重要なITインフラとなります。その一助となるのが、Swivel Secure社 トークンレス・ワンタイムパスワード・ソリューションです。テレワーク/リモートワーク/在宅勤務時のセキュリティ入り口対策の決定打! 銀行ATMを使用することが出来る人であれば、誰でも簡単に利用することが出来ます。
 いつでも、どこでも、誰とでも、個人がフルに能力を生かして働くことができる希望に溢れた明るい社会の実現です。今後このゼロトラストモデルの普及に、従来モデルに固執しないパラダイムシフトを期待したいところです。


新着情報